What does "a fluent speaker" mean for non- native listeners? - Perception of L2 listeners

File Size Format
67744_1.pdf 250Kb Adobe PDF View
Title What does "a fluent speaker" mean for non- native listeners? - Perception of L2 listeners
Author Tsurutani, Chiharu; Tsukada, Kimiko; Ishihara, Shunichi
Publication Title Proceedings of the 24th General Meeting of the Phonetic Society of Japan
Year Published 2010
Place of publication Tokyo
Publisher Phonetic Society of Japan
Abstract 本研究では、韻律面で誤りのある学習言語に対する第二言語学習者の知覚を調査した。母語話者の知覚は常に一定の基準を保っており、非母語話者の外国語訛りは短いフレーズを聞いただけでも言い当てることができると言われる(Flege:1988)。母語話者の判断基準は学習者の発話を聞いた経験の有無にかかわらず、同じであることも報告されている。一方、学習者自身が他の学習者の発話を聞いた場合、どう判断するのか、その判断基準は習得段階によって変化するのか、などの点は明らかにされていない。本研究では、英語を母語とする初級及び超上級の日本語学習者を被験者とし、彼らの知覚による評価を母語話者のものと比較、検討してみた。刺激音声としては韻律の間違い(音の長さ、高さ)のみ含む発話と正しい発話を使い、それらが母語話者の発話に近いかどうか7段階のスケールで評価するタスクを課した。その結果、第二言語学習者も母語話者と似通った判断基準、音の長さを用いているが、往々にして非言語情報に左右されることがあり、発話が長さの間違いを含まない場合は特にその傾向が強いことがわかった。この結果は、以下のような知見を示唆していると言えよう:スムーズな発話は学習者誰しも目指すものであるが、ただペラペラであることにまどわされ、注意を払うべき発音上達のポイントを見落とさないよう、教師は指導しなくてはならない。
Peer Reviewed No
Published Yes
Publisher URI http://www.psj.gr.jp/eng/annual-convention/2010
Copyright Statement Copyright 2010 Phonetic Society of Japan. The attached file is reproduced here in accordance with the copyright policy of the publisher. For information about this conference please refer to the conference's website or contact the authors.
Conference name 24th Annual Convention of the Phonetic Society of Japan
Location Tokyo
Date From 2010-10-09
Date To 2010-10-10
URI http://hdl.handle.net/10072/37417
Date Accessioned 2011-01-31
Language en_AU
Research Centre Griffith Institute for Educational Research
Faculty Arts, Education and Law
Subject Applied Linguistics and Educational Linguistics
Publication Type Conference Publications (Full Written Paper - Non-Refereed)
Publication Type Code e2

Show simple item record

Griffith University copyright notice